マイホーム管理・住宅ローン

食器洗い乾燥機:主夫の友の便利な時短グッズです。

2020年10月6日

スポンサーリンク

 

食器洗い乾燥機を使ったことありますか?

 

まだまだ自宅に食器洗い乾燥機がない家庭は多いと思います。

 

それに、

食器洗い乾燥機は何が便利なのかわからない。

食器を洗うのは手で洗えば十分。

そんな贅沢はしなくても大丈夫。

 

と思う方は多いと思います。

 

私もビルトインの食器洗い乾燥機が家にありましたが、その便利さを知らずに、全く使わず10年近く放置してました。

 

でも、使ってみてかなり便利ですよ。

今では、忙しい食事の準備後片付けに欠かせないものになりました。

まさに主夫の友です。

 

 

こんな方におすすめ

  • 食器洗い乾燥機は不要と思っているけど、どんなものは知らない
  • 要らないと思っているけど、少しは気になっている
  • 食事の後片付けで毎日大変
  • 洗剤で手が荒れやすい

そんなあなたに、食器洗い乾燥機を是非おすすめします!

 

 

食器洗い乾燥機は、キッチン三種の神器の1つです

1960年頃には、三種の神器(じんぎ)といえば、テレビ(白黒)、洗濯機、冷蔵庫から始まり、時代とともに3種の神器は変わりました。

2000年代には、デジタルカメラ、DVDレコーダー、薄型テレビがデジタル三種の神器と呼ばれ、

2004年にパナソニックが、キッチン三種の神器として提唱したの(Wikipediaより)が、

  1. 食器洗い乾燥機
  2. IHクッキングヒーター
  3. 生ごみ処理機

 

です。

 

このキッチン三種の神器のなかでは、IHクッキングヒーターは特に新築の家では、オール電化のキャッチフレーズで広がりました。

そして、特に高齢の方の家では火の不始末を防ぐためにもという意味でも、IHクッキングヒーターを導入する家庭の話も耳にします。

それに比べると、食器洗い乾燥機や生ごみ処理機の認知度はまだまだですね。

生ごみ処理機は、庭があるような家では、コンポストがあるところもありますが、電動式の生ごみ処理機というと私はまだ見たことが有りません。

 

その中でも、今では我が家にはIHクッキングヒーターと食器洗い乾燥機があります。

 

IHクッキングヒーターは、使用可能な鍋ややかんを買い求める必要があるため、やや特殊な感じがあります。

でも、IH用の調理器具を取り揃えれば、掃除も簡単だし、火の不始末の面でもずっと安心できますよね。

 

 

同じように、三種の神器の1つの食器洗い乾燥機は、一度使ってみたら、とても便利ですよ!

しかもなくてはならない存在になります。

 

 

私の場合:10年近く食器洗い乾燥機を1度も使わず放置していました

最初は、私もいらないとずっと思っていました。

 

どうしてでしょうか?

 

10~20分くらいしかかからないし、手で食器を洗えばいい

食器洗い乾燥機を使うと、水道代、電気代がかかる

 

といった先入観を持っていました。長いこと。10年近くでしょうか。

 

 

実は、私が所有しているマンションにはビルトインタイプの食器洗い乾燥機が備え付けられています。

私が食器洗い乾燥機を使いたいから、備え付けてもらったのではありません。

他の人が買うのをキャンセルしたマンションを我が家が買ったからです。

私の前に、このマンションを買おうと思っていた人がビルトインキッチンとして、食器洗い乾燥機も備え付けるようにしていました。

でも、理由はわかりませんが、結局は購入しなかったそうです。

そんなマンションに住んでいます。

 

そんなマンションに住み始めて、食器洗い乾燥機がついているのはわかっているけれども、

手で洗ったらいいんじゃない?

水道代や電気代がかかるだけでしょ

と「不要の設備」とずっと思い続けていました。

 

その食器洗い乾燥機は我が家では誰にも使われず、10年くらい時が過ぎていました。

 

まだ使ったことがない方は、きっとこんな感じで、自分には全く関係ないし、要らないと思っているのではないでしょうか。

 

実際に使い始めてからは、欠かせないものになりました

私が使い始めたきっかけをご紹介します。

 

自動食器洗い乾燥機に、専用の洗剤が1箱(数十回分)試供品としてついていました。

「専用の洗剤なので、普通の食器洗いにも使えないだろうけど、このまま捨てるのはもったいない」

 

とふとしたきっかけに思いました。

マンションを購入して約10年、食器洗い乾燥機を使わず放置していたところ、ある日片付けをしていて、この洗剤を見つけたからです。

 

面白半分で、「少しくらい電気代がかかってもいいや」「洗剤がもったいないから使ってみよう」と思って、試しに洗剤を食器洗い乾燥機に入れて、皿やコップを恐る恐る洗ってみました。

 

洗い終わった食器をみると、油汚れなど、これまで苦労して洗っていたものがきれいに取れていました

つるつるです。

 

そして最初のうちは、

なかなか食器洗い乾燥機の中にフィットしない食器があったり、どの食器を洗うことができて、どれを洗うことができないかわかりません。

 

でも、どの食器やコップが乾燥機のどの部分においたら、一番収納が良いかなどのコツが分かってくると、一度にたくさんの食器を洗うことができるようになりました。

 

それに、例えば、プラスチック製品のタッパーでも、100度以上の温度でも大丈夫と書いてある製品は食器洗い乾燥機で洗っても大丈夫など、どの食器が食器洗い乾燥機に向いているかわかってきました。

 

そうやって、使っていくにつれ、食器洗い乾燥機で食器を洗っている間は、他の片付けをしたり、料理をしたりと、特に忙しい夕食時の頼もしい相棒になっていきました。

自分がなにかしている間に、食器を洗っていてくれる頼もしい相棒です。

 

それに、食器洗い乾燥機に適した食器をよく使うようになりました。

 

こうして、食器洗い乾燥機に少しずつなれるというか、自分のほうが「自然と」合わせていくようになりました。

 

そんな感じで、はじめは、「使いにくい、要らない」と思っていた食器洗い乾燥機が、今では、忙しい家事の時間に欠かせないものとなりました。

 

食器洗い乾燥機の便利なところ

乾燥機能がついているため、乾燥までしてくれる。

乾燥させるため、そのまま食器洗い乾燥機の中に入れておいても、臭わず普通の食器の一時的な収納となります。

次の日は、ここから皿を出して食事の準備ということも可能です。

油汚れに強い:茶渋にも

50~70度のお湯で、水圧をかけて洗ってくれるため、油汚れや茶渋も取れます。

油が残ったりするのを気にする必要はありません。

きれいなコップになりました。

殺菌にもなります。

* 菌の種類によって、殺菌効果があるものと無いものはもちろんあるでしょうから、一般的な範囲の殺菌です。

家事の強い味方!忙しい時間の節約になります

ちょっとした家事をするだけなら手洗いでも十分ですが、これが毎日、日になんども皿洗いをするとなれば、チリも積もれば・・・で、それなりの時間と手間がかかります

それを機械に任せれば済みます。

その間に自分は、機械ができない料理をしたり、他の仕事をしたりと、忙しいアレコレしないといけない食事の前後の時間を有効利用できます。

これが一番の利点でしょうね。

主婦・主夫の強い味方となります。

これを考えると、非常にコスパに優れた商品です。

水道代、電気代はどうでしょう?

私の使い方では、1日に1~2回使いますが、その範囲では水道代や電気代の目立った変化はありませんでした

 

水道代や電気代は確かにいろんな使用条件で変わってくるようです。

手洗いのほうが少ない場合もありますし、食器の量や油汚れによっては、食器洗い乾燥機のほうが使う水の量が少ないこともあるそうです。

電気代については、確かに、食器洗い乾燥機はお湯で洗いますので、電気代はかかるでしょう。

電気代はかかりますが、冬場は皿洗いにお湯を使うのでガスや電気を使いますし、冬に水道をひねるとお湯がすぐには出てこず、しばらく水を流しっぱなしにしますよね。

それを考えると、水道代や電気代も、総合的に考えて、また、時間の節約とのバランスを考えると、決して高くありません。

 

第一、暑いときや寒いときはエアコンを使いますよね。

それだったら、食器洗い乾燥機の水道代、電気代は大したことないですよ。

 

それから、安いですが、洗剤は食器洗い乾燥機専用のものが必要です。通常の手洗い用の食器洗い洗剤は泡が出るために使用できません。

お値段は200回分で約500円なので、洗剤は1回約3円。

 

手あれが減ります。

特に冬場はただでさえ乾燥しやすい時期。

機械が洗いますから、手荒れの心配はありません

これも、なにげにとても助かっています。

とても大切な効能だと思っています。

 

食器洗い乾燥機のデメリットは?

ご飯粒はなかなか洗えない。

油汚れを落とすのはとても優秀な反面、ごはん類が乾燥して食器についたままだと食器洗い乾燥機で洗っても、そのままくっついたままになります。

同じような感じで、だんだんと食器洗い乾燥機が苦手な汚れがわかってきます。

そんな汚れには、予備洗いして対応します。

タッパーなどは、温度が対応していないものがある。

対応していない容器だと、変形しました。

50度までしか使用できない容器など、お湯に耐えることができないものは洗うことができません。

また、アルミや銅製のもの、漆塗り、フッ素加工のものも基本的に使えません。

水圧が高いため、洗っているときに食器同士が中でカタカタいっていますから、高級な食器にはおすすめできません。

鍋やフライパン、まな板も大きさ自体が入らない場合が多いのですが、食器洗い乾燥機対応のものを使えば、実際は洗うことができます

騒音はある程度します。

どれくらいかというと、リビングでテレビをみているときに、食洗機を使うとテレビの音が聞こえにくくなります。

また、夜中に食器洗い乾燥機を使うのは、マンションだと階上・階下の住民の迷惑になるかもしれません。

でも、リビングのドアを閉めれば、気にならない程度です。

さいごに

食器洗い乾燥機は、その特徴に慣れてしまえば、電子レンジ並みにとても便利ですよ。

だから、我が家の食器洗い乾燥機が、万一壊れたとしても、修理するか、買いなおすでしょう。

費用対効果を考えると、忙しい家事の時間の節約を考えると、非常にコスパに優れた商品です。

時間の方がよっぽど大切ですよ。

価格は ~10万円ですが、安いのは3万円代でも十分。

一度使ってみると、なくてはならない存在です。

気になっているあなた、炊事で手が荒れるあなた、時間に追われているあなたには、是非おすすめします!

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-マイホーム管理・住宅ローン
-, ,

© 2022 YashuLog