マイホーム管理・住宅ローン

洗濯物に黒カビ汚れ見つけたら、洗濯機メーカー指定の塩素系槽クリーナーがオススメ

2021年10月30日

スポンサーリンク

 

この記事がおすすめの方

洗濯機を使っていると、

  • 衣類に嫌なにおいがするようになった
  • 衣類に黒カビの汚れカスがつくようになった
  • 洗濯機をきれいにしたい

という方に。

 

 

洗濯機は洗濯槽の裏側にカビが発生しやすいです。

 

やしゅ
きれいにする家電なのに。

 

水をよく使う電化製品ですし、洗濯槽の裏側は見えません。

知らないうちに汚れやカビが溜まっていると、洗濯物に嫌なにおいがついたり黒カビのカスが衣類についたりします

 

そんな時には洗濯槽をきれいにする洗剤を使います。

 

やしゅ
でも洗濯機の洗剤にはいろんな商品が販売されていて、どれを使ったらいいか迷います。

 

 この記事の内容
  • 洗濯機の掃除には塩素系洗浄剤をおすすめします。
  • それもメーカー指定のものが特に効果が高いです。

 

 

わが家では、衣類に黒カビの汚れがポロポロつくようになったため、洗濯槽の掃除をしました。

最初に酸素系を使いましたが、使った後も黒カビ汚れは次から次に衣類につく始末。

せっかく掃除したのに効果なしです。

どうしたらいいのか途方にくれます。

 

ところが洗濯機メーカー(わが家はパナソニック製の縦型洗濯機)指定の塩素系洗浄剤を使うと、一発で黒カビが消えました

 

 

 

洗濯機の裏側はカビが発生しやすい

 

洗濯機自体が水を扱う電化製品。

 

その洗濯槽の裏側は、

  • 見えにくい
  • 濡れた状態になりやすい

ために、カビの温床になります。

 

きれいにしようと思って選択しても、衣類にカビがつくことになります。

 

わが家ではPanasonicの縦型洗濯機を使っています。

洗濯槽の掃除はしていなかったところ、購入して1.5年経つと衣類に黒カビ汚れが付き始めました

 

最初に酸素系のクリーナーを使った

 

安い方がいいですし、塩素系よりも酸素系の方が、衣類や肌に優しいと聞いたため、

有名なメーカーの酸素系(非塩素系)クリーナーを購入しました。

1回約300円未満で粉末のクリーナーです。

 

実際に酸素系のクリーナーを使うと、黒カビの汚れが一部とれて浮いてきました

その後に、そのクリーナーの成分が残らないようにと思って、水でもう1回洗濯機を回しました。

 

その後に衣類を洗濯してみると、黒カビが衣類に再び「普通」につきました

 

やしゅ
もう一度洗濯しても同じ事態。

 

結局、酸素系クリーナーでは十分にカビが落ちてないという結末。

 

  • 洗濯槽のクリーナーを使っても洗濯機がきれいにならないとなると、不安になります。
  • その間ずっと洗濯できないからです。
  • そしてこれからも、きれいにならないとしたらと思うと。

 

洗濯機メーカー指定のクリーナーを思い切って買ってみた

 

洗濯ができない状態が続くとなると、結構一大事ですよ。

手洗いするには、手間がかかりすぎますし。

それに洗濯機がいつきれいになるのかさえ分からないとなると。

 

洗濯機の取扱説明書を見ると、メーカー指定の洗濯槽クリーナーが紹介されていました

 

Panasonicの「縦型」洗濯機では、

  • N-W1A洗濯槽クリーナー(縦型全自動式用)

です。

 

価格は実売価格 約1,900円(希望小売価格は2,310円)と、酸素系(300円未満)の6倍以上の価格です。

 

やしゅ
どれを使ったら効果があるかさえわからない状態でしたので、取扱説明書通りに、高いですけどメーカー指定の洗濯槽クリーナーを買いました。

 

実際に使ってみると

 

約1.5 Lの容器に入った洗濯槽クリーナー

洗濯機の取扱説明書通りに、洗濯槽洗浄コースを使って洗濯槽クリーナーを洗濯機の中に入れました。

 

1.5 Lですから大きなペットボトル1本分を「ドボドボ」と水を張った洗濯槽の中に流し込みました。

 

そして洗濯機の槽洗浄コースを1回。

そのあとに普通に水だけで洗濯して、念のために洗濯槽を洗い流しました。

 

その後に衣類を洗ってみると、まったく黒カビ汚れが付きません

 

やしゅ
これまでの苦労は何だったのかと驚いた半面、やっと洗濯ができると思うとほっとしました。

 

1,900円の価値は十分に発揮してくれました。

 

洗濯槽クリーナー(塩素系)N-W1Aの特徴

 

 

クリーナーの成分

  • 次亜塩素酸ナトリウム
  • ケイ酸塩

 

次亜塩素酸ナトリウムは、ハイターなどと同じ成分でアルカリ性です。

ケイ酸塩は防さび剤で、塩素系のクリーナーによるステンレス槽のサビを防ぐ成分

 

メーカー推奨の商品ですし、アルカリ性の洗浄剤による洗濯槽へのダメージへの対策もとられています

その他のメーカーの洗濯機にも使用可能」と書いてあります。

 

なんといっても一番のメリットは、黒カビ汚れに対して効果絶大なところ。

 

やしゅ
納得の効果でした。

 

 

デメリットは高いこと。

約1,900円です。

逆に考えると、衣類に黒カビ汚れがつくというストレスを考えると、コスパはいいのではないでしょうか。

 

やしゅ
高いけど、効果抜群。

 

安い酸素系のクリーナーは安くても効果が不十分なため、何度も洗浄しないといけない羽目になりますし、手間・時間もかかります。

総合的に考えるとかえって高くつく結果になります。

 

通販で購入するときには要注意

 

アルカリ性の洗剤のため素手で扱うと手荒れ、衣類に付着すると簡単に脱色してしまいます。

 

プラスチックの容器に入っており、横積み厳禁となっていますが、通販で横積みされて届くことがあります

横積みされていると、洗剤が容器から漏れ出ていることがあります

 

わたしも実際に経験しましたが、ネットで調べると同じような経験をした方が少なからずいるようです。

届いたら安全確保(目の保護+ゴム手袋+衣類の調整)して、早めに段ボールの中の洗剤を確認するのをおすすめします。

 

横積みされて段ボールに入って届いた洗剤。本体はビニールで覆われていましたが、そこからも漏れ出ていました。本体も洗剤で汚れて本体の表示も一部漂白されています。

 

漏れ出した洗剤で段ボールも変色されていました。一部は段ボールが変性しているのかもしれません。

 

さいごに

 

衣類に黒カビ汚れが付く事態になったら、洗濯機の掃除には塩素系洗浄剤をおすすめ

という記事をご紹介しました。

 

黒カビが発生する前のレベルでは、酸素系漂白剤でもいいのかもしれませんが、困ったときには塩素系漂白剤で効果てきめんでした。

 

多少高くても、すっきりときれいに洗濯できると思ったら、そのお金は取り戻せた気分です。

しかも、きれいに洗濯機を使っていくことができますから。

 

この記事がみなさんに少しでもお役に立てるとうれしいです。

 

おすすめ
【トイレ掃除】便器はこすらずきれいに

続きを見る

おすすめ
 【ADSLから乗り換え】楽天モバイルで自宅インターネット固定回線【max 3,300円/月】

続きを見る

おすすめ
【住宅ローン借換体験談】コンパクトカー1台分お得に【コスパを考えた】

続きを見る

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-マイホーム管理・住宅ローン
-

© 2022 YashuLog