文房具

【Dr.Gripボールペン】Dr.Grip Full BlackとDr.Grip G-SPECの違い

スポンサーリンク

 

人間工学に基づいて作られたDr.Grip。

長時間使っても疲れにくいようにグリップやペンの太さが工夫されています。

 

おすすめ
【Dr. Gripを再評価】困ったときの科学的なペン【改めて良いペンです!】

続きを見る

おすすめ
【使いやすさ徹底比較!】Dr.GripとJETSTREAM【疲れにくさは?】

続きを見る

 

そのボールペンには、多機能ボールペン(4色ボールペン+シャープペン)と、単色(黒)があります。

 

更に、単色ボールペンには、

  • Dr.Grip Full Black(ドクターグリップ フルブラック)
  • Dr.Grip G-SPEC(ドクターグリップ Gスペック)

の2種類があります。

 

多機能ボールペンと単色ボールペンの違いはわかりやすいのですが、

 

Dr.Grip Full BlackとDr.Grip G-SPECはどう違うのでしょうか?

 

Full Blackは、

耐久性と高級感を備えた金属クリップを搭載し、全体を落ち着いたブラックカラーでまとめ上げた大人のドクターグリップです(パイロット社のホームページ)

とホームページで紹介されているように、

 

  • 外見の色が黒い(Full Blackというネーミングがあるし)
  • それに伴って、落ち着いた感じがする

ということはわかりますが、それだけでしょうか

 

やしゅ
値段の違いは、外見からくるものでしょうか?

 

この記事では、

Dr.Gripのボールペンを使っている方に、

Dr.Gripの

  • Full Black
  • G-SPEC

違いについてご紹介します。

 

G-SPECの黒色のバージョンと比較したとしても、Full Blackは

  • 価格
  • 重さ
  • 重心

が若干違います。

 

やしゅ
この違いを考えた上で、どうせ使うならコスパが高い方のDr.Gripを使いましょう!

 

この記事を読んでいただいている皆さんに少しでもお役にたてると嬉しいです。

 


 

 

開発の歴史

 

2003年にDr.Grip G-SPEC、2009年にFull Blackが発売されました。

 

やしゅ
Full Blackのほうが後から発売されています。

 

ちなみに、

1991年に初代のDr.Gripが発売開始され、

2003年に、改良を加えられたDr.Grip G-SPECが発売されます。

改良点

  • ペンの両端を軽くして、重心がペンの中心に → 文字を書くときのペンの運動(回転・往復)をしやすくして、指への負荷を軽減
  • グリップを、二重構造にして、やわらかくして握りやすい
  • インクを低粘度油性インクにしてなめらかな書き心地

2009年に、高級感があるFull Blackが発売されました。

 

Dr.Grip Full BlackとG-SPECの違いはどこ?

 

やしゅ
違いはどこにあると思いますか?

 

比較のために、黒色のDr.Grip G-SPEC(660円)Dr.Grip Full Black(880円)外観を比較しました。

 

  • ノック部分の色
  • クリップの色や材質
  • グリップ(ラバーの部分)の色
  • チップ(ペン先の円錐形の部分)の色

は明らかに違いますよね。

 

その他に、隠れている大きな違い

 

 

重心の位置が、Full BlackのほうがG-SPECよりもペン先側にありました。

ということは、Full Blackのほうが、ペン先側が重いということです。

 

やしゅ
クリップが金属製のFull Blackの重心のほうが、どうしてペン先側にあるの?

 

と思って、もう少し、各部分に分けて違いを見ていきました。

 

ノック部分

色の違いだけですね。ほかは同じです。

  • Full Blackはつや消しの黒色
  • G-SPECは、銀色

 

クリップ

外見上はっきりわかる違いです。

  • Full Blackは金属クリップで銀色
  • G-SPECは半透明の黒色のプラスチック

クリップの長さはFull Blackがやや長くなっています。

 

やしゅ
クリップ自体の重さは、それほど大きな違いはありませんでした。

 

  • Full Blackは、半透明の黒色のプラスチック
  • G-SPECは、内側のプラスチックは黒色ですが、外側のプラスチックは透明

です。

 

やしゅ
色の違いだけですね。

 

Full Blackのほうが更に黒っぽいという。

 

グリップ

  • Full Blackはつや消しの黒
  • G-SPECは透明

色ははっきり違いがわかります。

材質はややFull Blackのほうが硬い印象はありますが、ほぼ同じです。

 

チップ(ペン先)

 

ここでした!

 

やしゅ
意外にも、見た目ではわからない違いがここにありました!

 

色がちがうのはわかりますが、

Full Black金属製で、G-SPECプラスチック製です。

 

ペン全体の重さは

  • Full Black 約20 g
  • G-SPEC 約18 g

 

やしゅ
材質がちがうため、プラスチック製のG-SPECと比べると、Full Blackは金属製でペン先「だけ」がやや重く(2 g)なっています。

 

その他、G-SPECには、円錐形の側面に4箇所、少し出っ張っているところがあります。

でも、Full Blackには出っ張りがありませんでした。

 

やしゅ
G-SPECのこの出っ張りが何の役割をしているか不明です。

 

同じところ

 

ペンの

  • 長さ(138 mm)
  • 太さ(2 mm)
  • グリップの長さ
  • ペン先(チップ:ペン先の円錐状の部分)の大きさ

 

外観上の形は、クリップの大きさを除けばほとんど同じです。

 

 

ペン先のチップが金属かプラスチックかで、使い心地の違いは?

onlyone

 

ほぼ変わりありません。

 

ただ、G-SPECは開発段階で重心がペンの軸の中心になっています。

Full Blackは、ペン先だけ2 g重くなっているため、

  • やや重心がペン先寄りになっているとともに
  • 文字を書くときに、ペン先が安定した印象がありました。

この違いがわかるくらい繊細な方もいるかも知れませんが、私には言われてみないとわからない程度でした。

 

やしゅ
実用上はほぼ同等ですし、どちらがいいかは好みだと思います。

 

Full BlackとG-SPECのどちらを買うのがお得か

think positive

 

  • ビジネスの場で使う・好みならFull Black
  • 価格が安い方でいい、黒以外のカラフルな方がいいなら、G-SPEC

でしょうか。

 

やしゅ
Full Blackのチップ(ペン先)が金属製のため、重心がペン先側に若干寄っているのが書きやすい人は、Full Blackですが、この違いはごくわずかです。

 

G-SPECは今回は黒色のバージョンを見ましたが、青、赤、ピンク、緑、白など、本当にたくさんの色のバージョンが販売されています。

 

やしゅ
220円の違いですし、どちらも芯を入れ替えれば長く使い続けることができるため、かっこいい・使いたい!と思ったほうを使うのが幸せですよ。

 

さいごに

 

Dr.GripのFull BlackとG-SPECを比べてみました。

Full Blackのほうが黒を貴重としてやや高級感があります。

 

また、Full Blackは

  • 全体が黒色で落ち着いた感じ
  • クリップが金属でシルバー
  • チップ(ペン先の円錐形の部分)が金属で2 gだけ重く、ややペン先寄りに重心あり

という特徴がありますが、

機能的な面ではG-SPECとほとんど差がありませんでした。

 

Full Blackのほうが220円高いのですが、この価格差と長く使うことを考えたら、気に入ったほうを使ったほうが幸せです。

本当にこだわりなければ、G-SPECの安さを選んだらいいと思います。

 

やしゅ
私は両方持っていますが、どちらかを初めて買うとしたら、安いG-SPECで十分です。

 

この記事が、皆さんのお役に少しでもたてると嬉しいです。

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-文房具
-

© 2022 YashuLog