料理

キャベツの肉巻き生姜焼き

2020年11月16日

キャベツの肉巻き生姜焼き2

スポンサーリンク

 

やしゅ
今回は、「キャベツの肉巻き生姜焼き」を作りました。

 

キャベツを豚バラ肉で巻いて作った生姜焼きです。

 

今回も、

 

「志麻さんのベストおかず」

著者:タサン志麻

出版社:扶桑社

 

「キャベツの肉巻きショウガ焼き」を参考にして、少しだけ簡単にするためにアレンジを加えて作りました。

 

このレシピ本を見て、先日に洋風生姜焼きを作って、さらに今回はキャベツの肉巻き生姜焼きを作りました。

 

やしゅ
普通の生姜焼きさえ、作った記憶がありませんが、このレシピ本をみてつくると、普通に生姜焼きをつくることができました。

 

ボリュームもあり、定番の生姜焼きの味がしますので、食卓のメインの一品としておすすめです。

しかも、簡単に初心者でも作れます。

忙しい夕食時間に、時間を短縮してつくることができました。

 

 

準備するもの

 

材料・・・4人分

  • 豚バラ薄切り肉 約300 g
  • キャベツ 1/4個
  • 玉ねぎ 1個
  • 生姜(チューブ入り) 3 cm
  • にんにく(チューブ入り) 3 cm
  • オリーブオイル 少量
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ3

 

豚バラ薄切り肉は元のレシピでは400 gでしたが、自宅にある300 gのパックを使いました。

 

やしゅ
肉が好きな方は、多めの肉でキャベツを巻くために400 gを使ったほうがいいかもしれません。

 

でも、今回使った300 gの量でも十分でした。

 

やしゅ
濃い味付けが好みでしたので、みりん、醤油などの調味料は元のレシピの倍量使いました。

 

作り方

 

キャベツ

 

太めの千切り

 

やしゅ
これを細かったり、短かったりすると、肉で巻くときに四苦八苦しますので、あくまでも太めで長く切ることができたら、肉で巻きやすくなります。

 

そうでなかったら、細かいキャベツを肉で巻くのが大変です。

 

玉ねぎ

 

1 cmの幅で切ります。

 

調理します!

 

  • 豚肉は、細長くカットされているものが通常は売っていますので、それを使って、キャベツを芯にして、肉で巻いていきます。

 

やしゅ
元のレシピは2枚の肉で巻いていましたが、1枚の肉で巻きました。

キャベツの肉巻き生姜焼き1

  1. フライパンにオリーブオイルを熱し、肉で巻いたキャベツの巻き終わりの部分を下にして焼きます。
  2. 同時に、玉ねぎをフライパンの空いたスペースで炒めます。
  3. 玉ねぎが柔らかくなり焼き色がついてきたら、フライパンの隙間に、チューブ入り生姜 3 cmとチューブ入りにんにく 3 cmを入れて、香りが立つまで火を通します。
  4. ポイント: チューブ入りの生姜やにんにくは、くさみがあるため、混ぜる前にフライパンで火を通して匂いを飛ばして使うと良いみたいです。
  5. 生姜とにんにくの香りが出てきたら、全体にからめます。
  6. さらにフライパンに、みりん、砂糖、醤油を加えて、肉巻きキャベツと玉ねぎに絡めて出来上がりです。

 

感想

 

やしゅ
肉巻きキャベツの生姜焼き。

 

まさに生姜焼きを少しアレンジしてキャベツを肉で巻いたものです。

ボリュームあり、また、味は生姜焼きなので、とても美味しい食卓のメインの一品になります。

今回の料理は、キャベツを肉で巻くところが少し難しいです。

コツは、キャベツをあまり細く切りすぎないこと。

また、キャベツはできれば、長めに切ることができたら、肉で巻きやすいと思います。

まさにきれいな細い千切りのキャベツなら、肉で巻くのは更に難しいと思います

 

やしゅ
初心者は、太めのキャベツの千切りで長めに切るのがコツです。

 

その他は作りやすく、簡単なレシピでした。

 

さいごに

 

美味しい生姜焼きを少しアレンジした、「キャベツの肉巻き生姜焼き」を作りました。

味は生姜焼きでもちろん美味しいですし、普通の生姜焼きを少し工夫した感じがして、料理に変化を加えることができると思います。

料理の時間も短くてスミますし、ボリュームもあるので、立派な食卓のメインの一品になります。

初心者が時間短縮を意識して、短時間で美味しく簡単につくることができるおすすめの一品です。

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-料理
-,

© 2022 YashuLog