投資

【インデックス投資】思った以上のメンタルとのたたかい

2021年1月8日

金融リテラシーを

スポンサーリンク

 

やしゅ
インデックス投資は基準価額が上昇する時期は気持ちいいものです。

基準価額が大きく下落したときにも淡々と継続しましょう

 

ということは普段はわかっています。

 

ところが、

  • 基準価額が大幅に下落し続けたときには特に、意外にもメンタルとのたたかいになってしまいます。
  • そのために、継続せずに途中でやめていく人を見かけます

 

  • 調子がいいときにも、
  • またメンタルが不安定になったときにも、
  • 予め株価が下落したときにも、

どうするかについて、インデックス投資の方針を考えておいたほうがいいのかもしれません。

 

この記事では、

インデックス投資を初めたばかりの方に、

  • インデックス投資を継続するのは意外と難しい場合があるという、私の周囲で見てきた経験をご紹介します。
  • また、どのように解決したらいいのか、これらの経験からの個人的な意見をご紹介します。

 

 

はじめに

金融リテラシーを

 

私の周囲には一部にしかいませんが、ブログを見るとインデックス投資を多くの人が利用しています。

 

ところが、

  • 途中でやめていってしまう人が意外に多いです。
  • 大きな損をしてなくてもです。
  • 続けていくのがインデックス投資にとても大切な要素の1つなのに。

 

どうしてでしょうか?

 

どうしたらいいのでしょうか?

 

 

私の周囲でインデックス投資をしていた人が

  • なぜやめたか?
  • その時のメンタルの状態

をコロナショックのときに見ていると、

 

意外にも!メンタルは「何かと重なったときに」不安定になりやすいです。

 

やしゅ
平時のときと違いますからメンタルに影響しやすいのかもしれません。

 

投資をやめた30代女性

self-branding

 

30代女性で、インターネットで情報を集めて、よさそうな銘柄を選んでインデックス投資やファンディングに投資していました。

始めた時期がアベノミクスの時期だったため、順調にそれなりの利益が得られていました。

 

そんな中に、2020年に新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)が突然現れました。

  • テレビでは新型コロナの報道が繰り返され心配になり、
  • 飲食店はじめととして世界経済の先細り感を感じ、
  • 自分の周囲でも新型コロナのために生活が制限され、
  • そんな中に、2020年春の株価の大幅な下落が重なりました。

 

  • テレビ番組をみて
  • 自分の生活も心配で、
  • 世界の経済も影響を受け
  • さらにこの株価の下落を毎日見ていると、不安でいっぱいだったそうです。

 

毎日毎日基準価額を見ていると、日に日に自分の投資信託の価値が減っていきます。

これまで順調に増え続けていた収益もみるみる減りました。

 

周囲に相談したのかしなかったのかわかりません。

不安に加えて、自分のお金がみるみる減っていく・失っていくストレスが勝ったのでしょう。

下落している段階で全部売り払って、投資から退場してしまいました。

結果的には、損した状態でした。

 

平常心で考えると、基準価額の低下は一次的で、過剰な株価の下落なので、淡々と買いまししていく時期とも言えますが、そんなさなかに退場です。

 

感染症や生活のストレスに加えて、このお金を失うというストレスに耐えられなかったようです。

 

株価下落時にインデックス投資を一時的にやめてしまった40代男性

 

インデックス投資をしていた40代男性。

仕事で多忙な中にインターネットを見てお得と思って、楽天証券で投資をしていました。

最近は株価も上昇し

ポイントも溜まるし、お得な楽天経済圏を有効利用していました。

 

ところが、新型コロナのときには

  • 2020年の新型コロナの影響で株価が日に日に下落。
  • どこまで下落するかわからず、毎日不安。

 

完全な撤退ではありませんが、

どこまで下落するかわからない

と、

  • これまで高くなって得していた株価が、どんどん下がっていくのに不安で、
  • そんな銘柄を積み立て続けると損するばかり・・・と、

 

一時的ですが投資をやめてしまいました

 

多忙な仕事のストレスに加えて、株価の上下の不安やそれを日々見ることにストレスを感じて投資をやめてしまった40代男性

 

インデックス投資とともに、中期的な個別株への投資もしていました。

中期的な投資なので数か月単位で、下落した時に買い、上昇した時に売るという売買方法。

お金に対するリテラシーも高く、昔から株式投資をしていました。

 

アベノミクスの影響で数年前から、株価は過剰に高くいつ株価が下落してもおかしくないと言っていました。

 

仕事も忙しくなりそれだけで自分の生活も仕事に費やす日々

日々の株価を追うストレスと忙しさから、耐えきれなくなって、

結局、

 

エイヤ!

 

と、インデックス投資含めて全部売り払ってしまいました

新型コロナが始まる前だったため、結果的には得して撤退して本人も納得しているので良かったのですが・・・。

 

やしゅ
仕事のストレスに加えて、日頃株価の上下をみて売買時期を考えるストレスから自分を解放させるためだそうです。

 

インデックス投資を続けるのは難しい

 

やしゅ
インデックスで利益を得るためには、時間がとても大事な要素です。

 

10年のインデックス投資と比べると30年の方が安定しているし、得られる利益もはるかに大きい。

それがわかっていても、やめてしまう人がいます

 

もちろん、インデックス投資を継続するという情報や自分の方針がしっかりしていなかったのかもしれません。

 

原因というか、誘引として、多く見かけるのは、やはりメンタルの問題です。

 

  • 仕事のストレス
  • 生活のストレス
  • テレビで世界的に不幸な出来事が広がり経済が悪化していくのをみての不安

 

これに加えて

 

  • 株価が右肩下がりに日に日に下がり続ける。
  • これが続くと、普段考えてもわからないほど不安が増えてます。

 

やしゅ
このストレスから解放されたいという理由が予想以上に大きいようです。

 

さいごに

 

インデックス投資は投資を継続することが基本ですが、そのためにはメンタルを安定化させることが大切です。

 

投資に対するメンタルを安定化させるためには、

基本的なことですが、

 

  • 私生活や仕事の精神的な安定化
  • あらかじめ投資に対するスタンスを決める
  • 投資のリスクを把握しておく
  • 背伸びした投資をしない

 

ことが大切なのでしょう。

 

これらができていなければ、メンタルが不安定になって投資方針が不安定になりやすいのではないかと思っています。

 

と言っても、何か出来事が起きれば、多少はメンタルは不安定になりやすいです。

 

人間だもの

 

やしゅ
そうと分かっていて、自分への戒めの念も込めてこの記事を書いてみました。

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-投資
-, ,

© 2022 YashuLog