医学

【転職する】次の職場との契約が済むまで、今の職場を辞めない

スポンサーリンク

 

この記事はこんな方にオススメ

  • 職場を変わろう
  • 職場を変わりたい

と思っている方

 

 この記事の内容

転職するときには、

  • 次の職場に就職の確約をとってから、今の職場を辞める

をおすすめします。

 

 

もちろん最初に仕事を辞めるという選択肢も残っています。

 

やしゅ
そうなら、デメリットをよく知ってからにしましょう。

 

 

仕事を辞めたいと思うときの気持ち

 

転職を考えるときに、今の労働環境が嫌、上司や同僚と性格的に合わない、といったことが原因になりやすいです。

 

  • 「そんな環境から一刻も早く離れるために、最初に仕事を辞めて、それから新しい職場を探す」
  • 「潔く今の職場を辞めてから、心機一転」

と考えてしまいがち。

 

ところが、新しい仕事を探すということを考えると

  • 新しい仕事を見つけて
  • 労働契約にたどり着いてから

今の仕事を辞めるのがおすすめです。

 

仕事を辞めた状態で新しい職場を探すのには、デメリットが多いかです。

 

辞めてから次の職場を探すとデメリット

 

自分の精神的な余裕がない

 

いったん辞めてしまうと、次の職場を早めに決めたいと焦る気持ちから、少し条件が悪くても新しい職場の条件を飲んでしまいがちです。

 

反対に、

仕事をしながら次の職場を見つけるときには、新しい職場がすぐに見つからなくても大丈夫です。

新しい職場の条件が思ったほどよくなければ、ほかの職場を見つければいいだけですから。

 

足元をみられる

 

新しい職場を見つけるときの交渉に不利になることも。

 

次の職場の人事担当者と話をするとき、仕事を辞める前であればより対等に話をしやすいです。

 

もしすでに前の職場を退職した状態で新しい職場を探すときには、

  • 就職活動をしている側としては、すぐに仕事に就きたいと思っていることが多いでしょうし、人事担当者もそう思いがちです。
  • より厳しい労働条件や、優遇条件がない状態で採用できないかと、人事担当者が考えやすいです。

 

職歴に空白

 

いったん辞めてから次の仕事を始めるまでに職歴に空白ができてしまいます

 

職歴に空白の期間があると、将来別の職場を見つける際にその理由を聞かれやすいです。

その時に理由を前向きに説明できればいいのですが、何もしていなければ採用される側としては「何か採用するときに注意が必要な理由があるのでは」と思うでしょう。

 

留学、介護、出産などの前向きな理由があればいいのですが。

 

やしゅ
空白の期間が短期間であればそれほど気にすることはないでしょうが、数か月以上だとなおさらです。

 

退職後にも普段の生活を切り盛りする費用がかかる

 

生活しているだけで、

  • ガス・電気・水道・住居・食費などの生活費
  • 電話・生命保険
  • 教育費

は、毎月必要です。

 

その間の費用を捻出するゆとりがあればいいのですが、相応の額になるため切り詰めて生活するのは難しいです。

次の就職先がすぐに決まるとも限りませんから。

 

もちろん、退職をしてから就職先を探す手もあり

 

上のデメリットを「承知の上」でいったん退職してから就職先を探す方法もあります。

 

というのは、

  • 上司に退職の意向を伝えて、退職の交渉をしたり、引継ぎをしたりするため、転職の時期が不安定になりやすいです。
  • 転職の時期を、新しい就職先が融通してくれればいいのですが、そうでなければ、特に円満に退職したいときには転職時期がかなりずれることもあります。
  • それに、介護や病気など、仕方ない事情もあるでしょう。

 

わたしの場合

 

自分の人生を考えたうえで職場を変わろうと考え、上司に相談してから約2年でなんとか転職できました

 

もちろん強引にやめようと思えば、そんなに期間はかかりませんでしたが、円満に職場を変わりたかったからです。

 

でもその間に、「障がい」がいくつもありました

  • 労働条件を大幅に変えるから残ってくれという内容の、転職を慰留する依頼
  • 転職がうまくいっていると思っていたら、いつの間にかひっくり返りそうになっていた
  • 転職の時期を何度もずらす

などです。

 

それに、

新しい就職先に就職の確約をとっていましたが、

  • 円満に前の職場を退職したいというわたしの考え
  • 円満退職のために転職の時期を延期する

を、新しい就職先に説明・依頼したり、まぁ今から考えても大変でしたね。

 

やしゅ
それで翻意しないくらいの、強い決心がなければできませんでした。

 

でもそのおかげで、

  • 自分の希望する勤務条件・環境の職場に異動することができました。
  • 給与自体は上がりましたし、労働時間当たりの給与も大幅に上がりました。
  • また自分の生活や、家庭面もしっかりと楽しんでいます。

 

さいごに

 

転職するときには、

  • 次の職場を確定させてから、今の職場を辞める

のがおすすめです。

 

転職はそう簡単な出来事ではありませんが、今の時代は、そう難しいこともありません。

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-医学
-

© 2022 YashuLog