カスタマイズ・Affinger5

【仕事効率化】文章は、まずは手書きがオススメ【PCは手段】

スポンサーリンク

 

この記事はこんな方にオススメ

  • 文章やスライドを効率よく作りたい
  • PCで文章を書いていると、話がそれてしまう

 

 この記事の内容

文章やスライド・資料をPCで作る前に、紙に手書きで下書き

 

わたしの場合

  • 発表の資料を作るとき
  • 仕事で文章を書くとき
  • ブログを書くとき

には、まずA4サイズの紙に書く内容を走り書きするようにしています。

 

たしかにPCは便利です。

 

やしゅ
「カチャカチャ」と入力のは楽なため、気軽にとりかかれます。

 

でも最初からPCだけで文章や資料作りにとりかかると、かえって遠回りしていることになりがちです。

「考えながら」PCを使って文章や図をかくとあれこれ試行錯誤する結果、かえって時間がかかってしまうからです。

 

むしろ、最初」に「手書き」であらすじを書き、話の流れを確認した後で、PCで最後に完成させるというのがオススメです。

 

やしゅ
PCはあくまでも、「清書するためのモノ」「プレゼンするためのモノ」と割り切り、その前のあらすじの段階までは手書きの方が早いです。

 

最初からPCを使って考えながら清書するのは、ずいぶんと慣れてからの方がいいのではないかと思っています。

 

 

以前はPCに直接入力していた

DSC_0381

 

以前は、

  • スライドなどでの発表の資料を作るときには、PowerPointを立ち上げて直接図や表、文字を記入
  • 文章を作るときには、PCの前に座ってWordを立ち上げて入力
  • ブログを書くときには、テキストエディタに直接入力

をしていました。

 

結局は最終的にはPCのファイルを作るからです。

 

やしゅ
PCだけで仕事を終わらせた方がスマートだと思ったからです。

 

 

ところが、最初に手書きであらすじを書いておき、それに沿ってPCで書き上げた方が早く終わることに気づきました

 

やしゅ
こちらのほうがかえってスマートでした。

 

最近はA4サイズの紙に大まかに下書きしています

 

最近では、資料や文章を作るときにわたしは、大まかに書く内容を「手書きで」「紙に」箇条書きにしています

  • A4サイズの紙に、その日の気分で万年筆やシャープペンシル、ボールペンなどを使って書いています。
  • 細かいところまでは書きませんが、あらすじを書いておきます。

 

頭の中で、話のおおまかな流れを考えながら、箇条書きにしていきます。

樹形図やマインドマップ風に、図を描きながらというのもありですし、まとめつつ話の流れを考えます。

 

話の流れが完成したら、その段階からそれを他に人にわかりやすいように、WordやPowerPointで清書します。

 

 

もちろん、なかにはこの手書きの部分を頭の中で実行する方がいます。

  • 天井を見上げて考え事を暫(しばら)くしたかと思えば、直後にPCに向かって延々と文字を入力し続けて論文を作り上げるのです。
  • 作家の中にも同じような方がいるようです。

 

そんな人にあこがれますが、とてもそんな芸当はわたしにはできません。

 

やしゅ
頭の中が整理されているかいないかの違いがあるからかもしれません。

 

わざわざ下書きして、PC入力する回り道をするのはなぜ?

 

手書きで紙に書いて、その後にPCで入力するという二度手間をする理由は、結局その方が早く出来上がるからです。

 

みなさんはPCで文章を書くときに頭の中で、

  • 「書きたいこと」
  • 「話の流れ」

が出来上がっていますか?

 

やしゅ
なんとなくぼんやりとではなく、すらすらと出てくるくらいに。

 

頭の中で情報が整理されていない場合には、

最初にPCで考えながら入力すると、考えながら書いていくことになります。

  • 最初に書こうとしていた話題から、それてしまった文章を書く。
  • 中心となる大事な箇所が短くなりすぎたり、全体としてちぐはぐな文章になる。

ということをしがちです。

 

全体やバランスを考えながら書くのはなかなか難しいです。

全体が見えてないからでしょう。

 

やしゅ
「木を見て森を見ず」のような。

 

もちろんPCで考えながら書いていっても、試行錯誤しながら最終的には同じようなものが出来上がると思います。

その試行錯誤の部分を、PCに入力しながらするのか、それともPCに入力する前にするのかの違いです。

 

全体像を最初に設定したうえで、細かいところを埋めていく方が結局は早く出来上がります

 

 

例外は、すでに全体像が見えているとき。

  • そんな時には、頭の中で整理しているため、最初からPCを使って文章にしていくだけです。
  • 例えばたびたび同じような資料を作っているときには、パターン化されているでしょうから、そんな時には最初からPCを使います。

 

ブログの記事も最初は大まかに手書き

 

やしゅ
ブログを書くときも、最初は大まかに手書きで書いています。

 

ブログの場合には特に、この方法の方が最終的には時間の節約になるからです。

  • あれこれ考えながら書いていると、話の本筋がそれること多々。
  • もちろん書き慣れているまたは、頭の中で整理できている場合には時間の節約にならないときにもありますが、総合的には早く書き終わります。

 

すらすら最初から最後まで書き終えるのでなければ、最初に下書きするのがおすすめです。

 

  • 絵をかくときのデッサン
  • 映画のコンテ

と似てますね。

 

さいごに

 

PCで文章やスライド・資料を作るときには、最初は手書きで下書き

をおすすめする記事をご紹介しました。

 

  • よっぽど書き慣れている
  • パターン化されている

場合は、下書きにこだわる必要はありませんが、そうでなければ最初は手書きがおすすめです。

 

「手書き」という作業が増えるため、精神的にも億劫(おっくう)になりがちですが、「急がば回れ」です。

まず下書きするのは、最終的には効率的で、時間の節約になります。

 

おすすめ
トップページをサイト型にするとどうなるの?【雑記ブログ】

続きを見る

おすすめ
【ブログテキストリンク】色は何色がいいですか?

続きを見る

おすすめ
自信を持って文章を書いてますか?『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』【書評#28】

続きを見る

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-カスタマイズ・Affinger5
-, ,

© 2022 YashuLog