コラム

【バラが咲いた】自己満足できたら幸せである。

スポンサーリンク

 

春になり、庭に今年もバラが咲きました

 

この時期に花を咲かせるために、2月に剪定するとともに、定期的に肥料をやり、枯れないように日々の水やりが必要です。

そう、バラを咲かせるためには、手間・暇をかけます。

そうやって手間暇かけて育てたバラが咲くと、うれしさも一入(ひとしお)です。

 

 

ところでバラが欲しいだけなら花屋に行けば、いとも簡単に手に入れられます

  • 自分でバラを育てて花を咲かせるよりも、店で買ったほうがきれいなバラを買えるし、ちょっとのお金を払えばいいだけです。
  • 単純に効率面を考えると、買ったほうが簡単で楽です。
  • 日々の水やりの手間を考えると、その価格も十分に納得できるし、むしろ安いと思います。

 

 

それなら、どうしてわたしはバラを育てているのかと不思議に感じました。

 

 

確かになぜバラを育てているのかというと、

バラとしての価値をゲットしたいという考えは、ないこともないけれども、考えてみたらそんなに大きくありません。

 

  • 水をやり、肥料をやり・・・と花が咲くのを期待して育てた
  • これまでのちょっとしたバラの変化をみてあれこれ思案した
  • 手間暇かけて、咲かせた
  • 毎年この時期になると咲いてくれる

という、単なるモノを得るというよりも、育てて成長を見守ってきた、その結果今年も咲いてくれたという感情が加わるのが、花屋で買うのとは大きな違いなのでしょう。

 

やしゅ
それは、はた目から見ている人にとってはほとんど価値がない要素。

 

つまりそういった要素は自己満足なのだと思います。

 

 

小さいかもしれないけれども、そしてほかの人にはわからないかもしれないけれども。

その幸せな気持ちを人生で多く感じることができれば、それだけでわたしたちの人生のますます幸せになるのでしょう。

 

self-branding

 

このように、他の人にとってはわからない・わかりにくい価値である自己満足であっても、そして、そんな自己満足こそが増えれば増えるほど、人生は楽しいのかもしれません。

 

自己満足できるものを増やしたほうが幸せになれるんですよ、きっと。

 

そこには単純にお金で換算できない、感情的な価値が生まれているから。

 

おすすめ
子供の教育のための引っ越しは必要でしょうか?

続きを見る

おすすめ
no image
IMG_3056 (2)-1

続きを見る

おすすめ
小さいときの経験は、今のうちに親に聞いておこう

続きを見る

 

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-コラム

© 2022 YashuLog