コラム

パソコンは「使うもの」。使われたくない。

スポンサーリンク

 

わたし自身仕事や私生活でもパソコンを使っているけれども、ちょっと調べ物をしようと思っていると、途中でわき道にそれたり、そのわき道をぐいぐい進んで行ったり。

ついには、当初の目的とは全く違ったことをしている。そして思う「あれっ?何していたんだっけ」。

 

モノを使っていても、実際には使われているということは実際に、こんな感じで日常でよく経験します。

 

 

パソコンが遅いと時間はますますパソコンに搾取される

 

わたし自身、職場では手書きが多いものの、特定の仕事ではパソコンも利用します。なので仕事でどうしてもパソコンが必要な場面があるから、一人ひとり、自分専用のデスクトップパソコンを職場から用意されています。

 

ところが職場支給のパソコンたるや、遅いのなんの。新しいけれども、よくわからないけど、基本性能が遅いんだと思います。

  • ワープロソフトを使おうと思ったら、パソコンの画面が使えるようになるまで2~3分かかり、アプリを使うとその起動にしばらくかかるから。インターネットブラウザを開くのも、1分くらいはかかっているんじゃないかというくらい。

 

やしゅ
そんな感じで、パソコンで簡単なワープロ作業するのに直ぐに20~30分時間が経ってしまう。あっという間に。

 

パソコンの前でぼーっとソフトが動き出すのを待っている時間が多いという、まさに時間泥棒のパソコンです。

 

解決するために打ちやすいキーボードも持ち込んだりして。ときには時間がもったいないため、かえって手書きの方が時間短縮になるから「手書きで書類を書いちゃえ(!)」という状態で仕事をしています。

 

 

かといってパソコンが速くても、ネットサーフィンで時間を浪費してしまう

 

こんな感じで職場のパソコンが遅いと、極力、職場備え付けのパソコンを使わないようになっています。ヘンテコに職場順応している状態。本末転倒というか。

 

その代わりに、快適に動く自分のパソコンを持ち込んで、支障がない範囲で自分のパソコンを使うようにしました。そうすると時間をとっても節約できます。なんといっても、「パソコンを使っている人間がパソコンに使われているような気分になる」プチストレスがなくなるだけでも、すがすがしい気持ちです。

 

といっても、快適すぎて、ワープロに限らずあれこれたくさんのことをしてしまって、いくら仕事に関係しているといっても、いわゆるネットサーフィン風に関心があちこちに移動して、いつの間にか時間を浪費している自分に気づきます。

 

 

パソコンは便利だけれども時間を浪費しやすい

 

つまりは、パソコンは使いにくくても快適でも、どちらにしても時間を浪費しやすい魔法の箱なんじゃないかと思っています。

 

自分で目的をもって使わないと、逆にパソコンに使われているという状態になりがちなんです。

  • これはスマホも一緒。
  • テレビも一緒。

 

やしゅ
便利さが逆に仇(あだ)になっているという。使っているつもりが、いつの間にか機械に使われている、そして時間を浪費しているという。

 

自分から目的をもって文明の利器を使わないとね」ということなんだろうと思う。

あくまでもわたしたち人間が主役なんだと肝に銘じて、モノを使っていくのがこれからの時代必要なのかもしれない。

 

おすすめ
疲れたら、体に悪いものをついつい欲しくなるのは、仕方ないのだ

続きを見る

おすすめ
値上げって、実際の価格よりも心理的に実感するんじゃないかと思う

続きを見る

おすすめ
HHKBとRealforceを比較【おすすめキーボード】

続きを見る

 

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-コラム

© 2022 YashuLog