文房具

ピュアモルトプレミアム ボールペンレビュー【SS2005(木軸)】

スポンサーリンク

 

この記事では三菱鉛筆から販売されている油性ボールペン ピュアモルトプレミアム ノック式(SS2005)についての記事です。

 

この記事はこんな方にオススメ

  • 普段使いする木軸のボールペンが欲しい
  • 太軸よりも細軸の方が好き
  • ピュアモルトプレミアムボールペンが気になっている

 

プラスチックや金属のペンと比べると、木製のペンは使っていて少し木のやさしさを感じますよね。

 

木製のペンは数が少なく数千円するものが多いものの、三菱鉛筆から販売されているピュアモルトシリーズは、1,000~2,000円で購入できるお手頃価格です。

そのため木製といっても、気兼ねなく普段使いしやすいボールペンです。

 

 この記事の内容
  • 三菱鉛筆が販売する木軸の油性ボールペン ピュアモルトプレミアムSS2005

をご紹介します。

 

やしゅ
自己紹介です。
  • 仕事で毎日ボールペンを使って、大量に文字を書いてきました。
  • 仕事を早く終わらせるために、文字を速く書くために、疲れにくいボールペンを使っています。
  • シャープペンシルも、アイディアを考えるときに使っています。

 

ピュアモルトプレミアムボールペンSS2005)は、

  • 木軸でありつつリーズナブルな価格
  • 流線形の本体で、意外にも細軸
  • 重心バランスよい

というボールペンです。

 

インクは昔ながらの油性インクなのが弱点ですが、ちょっとの工夫次第で何とかなります。

 

やしゅ
木軸が気になる方で、ガシガシ普段使いしたい方にはオススメのボールペンです。

 

 

 

ピュアモルトプレミアム ボールペン(SS2005)レビュー

 

ピュアモルトプレミアムボールペンの特徴

  • ウイスキーの樽材を使用した木軸
  • 流線型の本体
  • 重心はほぼ中央

 

ウイスキー樽材を使った木軸

 

やしゅ
このボールペンの最大の特長です。

 

ただし飾り気が少なく、中央の木軸とその両端の銀色にメッキ塗装が施された金属というシンプルなペンです。

 

やしゅ
ペンを見ると決して安くは見えませんが、高級!という感じはなく、むしろ木軸のシンプルな外観です。

 

木軸でありながらお求めやすい価格ガシガシ使うという使い方の方がいいのかもしれません。

 

一般的にはプラスチックや金属の本体だと無機質になりやすいペンですが、見た目とともに触った感じも、木軸のためかやさしい感触です。

 

流線形の本体

 

軸本体が流線形のために、軸の中央部分は太いのですが、指でペンを持つ部位ではむしろ「細軸」です。

ほぼ中央に重心があるためペンのバランスがよく、人差し指の根本でペンの中央を支えつつ、指先でペン先を動かして文字を書くというイメージです。

 

その他

 

価格は税込2,200円ですが、実売価格約1,400円とお求めやすい価格です。

 

実測値は、

  • 全長134.0mm
  • 重心はペン先から65.1mm(芯出さない状態)
  • 重量は約22.4g

 

 

ペン先と本体は金属のねじでつながっており、しっかりとした作りです。

 

 

ピュアモルトプレミアム ボールペンのデメリット

 

インクは低粘度ではない油性インク

最近はジェットストリーム、アクロインキ、エマルジョンインクに代表される低粘度のインクが主流のため、普通の油性インクということはこのボールペンの最大のウィークポイントです。

 

やしゅ
インク自体は低粘度インクが開発される前なら、むしろ書きやすいインクかもしれません。

 

ペンの前後が金属で相対的に重い

ピュアモルトプレミアムでは、ペンの先端と後端が金属、その中間が木製です。

 

 

ペンの重心自体はほぼ中央にありますが、ペンの両端が相対的に重くなっています。

そのため文字を書くときにペンを動かすと、両端の重みでペンが揺らされる感じがあります。

 

やしゅ
少しだけですけどね。

 

慣れればこんなものかと思いますが、木軸でも軸全体がほぼ均等な重みだったら書くのがもっと疲れにくいのではないかと思っています。

 

 

ピュアモルトプレミアム ボールペンを購入して使った感想

 

  1. 無機質な感が少ない木軸です。
  2. 奇をてらった装飾はなくシンプルな外観です。
  3. おしゃれという感じはありませんが、木軸でありつつ書きやすく作られていると感じました。

 

グリップはありませんが、木軸は加工されており意外と指が滑りません

  • そのため指で持ってみると意外としっかりとペンを保持できます。

 

重さ自体は約22gあり軽いということはありませんが、重すぎると感じることもありません。

 

やしゅ
重心がほぼ中央にあるためでしょう。

 

流線形の本体のために、軸自体は太いのですが、ペンを指で持つ部位では、むしろ細軸です。

そのためペンを指や手で支えやすく持ちやすいです。

 

やしゅ
この辺りは好みになるかもしれません。

 

ただしピュアモルトプレミアムボールペンを使う上で一番気になるのは、インクでした。

  • 標準で入っているインクは一般的な油性インクです。

 

使っていると、筆圧を高くする必要があり指がとても疲れやすく感じました。

  • 無加工で代替できる替芯はみつかりませんでした。

 

わたしの場合には、手元にあったぺんてるの芯「BXM7H」を

  • SS2005に標準で入っている芯と同じ長さに切る
  • 後端にテープを2~3重に巻く

として、即席ですがぺんてるのビクーニャのインクを使えました。

 

やしゅ
ぺんてるのCalme単色ボールペンやビクーニャフィールに入っている芯です。

 

 

 

他の芯でも

  • 「バネ」を止める突起の位置
  • 芯の長さ
  • 芯の後端の太さ

を、テープを巻くなどして調節すれば、標準の芯と同じようにすれば使えそうです。

 

インクを低粘度油性インクに変えるだけで、使っていくうえで申し分ないペンとなりました。

 

やしゅ
今後もう少しこのピュアモルトで使いやすくて書きやすいインクを探していきたいと思っています。

 

ピュアモルトプレミアム ボールペンがオススメな方

 

  • 木軸のボールペンが好み
  • 太軸よりも細軸の方が持ちやすい
  • このペンが気になり、インクについては自分で多少工夫してでも使ってみたい

という方にはぴったりです。

 

木軸のボールペンは数千円するものが多い中、今回ご紹介したペンは気兼ねなく普段使いしていきやすい、木軸のボールペンです。

 

さいごに

 

  • 三菱鉛筆が販売する木軸の油性ボールペン ピュアモルトプレミアムSS2005

をご紹介しました。

 

インクが昔ながらの油性インクなのが「玉にきず」ですが、それは工夫次第で何とかなります。

 

  • 木軸のボールペンが気になる
  • 気兼ねなくガシガシ普段使いしたい

という方にはオススメできるボールペンです。

 

 

おすすめ
オレンズネロ0.5mm レビュー【取扱注意。でも質感高くアイディア満載】

続きを見る

おすすめ
S20シャープペンシル レビュー【木軸で実用的】

続きを見る

おすすめ
【iPad手帳術 vs 紙】スケジュール管理と何ができますか?

続きを見る

 

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-文房具
-

© 2022 YashuLog