医学

教科書や専門書を読むのにおすすめの「3色蛍光ペン+3色ボールペン」法

スポンサーリンク

 

読書の時に使う有名な3色ボールペン。

明治大学の齋藤孝先生が提唱している方法です。

  • 客観的にとても重要な箇所には
  • 客観的に重要な箇所には
  • 対照的に、「主観的」に面白い箇所には

で本に線を引いていきます。

 

この方法を使うことで、(1)本の要旨を正確につかみ、(2)自分自身の意見を持つ訓練になります。

 

やしゅ
わたしも最近この方法で読書しています。

 

ところが専門書をはじめとした教科書を読むときには、重要な箇所だらけのことが多く、赤線だらけになります。

 

 この記事の内容

黒川康正先生が提唱している3色蛍光ペン+3色ボールペン法

をご紹介します。

 

教科書や専門書を読むときには、3色ボールペン法よりも3色蛍光ペン+3色ボールペン法のほうが使いやすいです。

 

学生時代だけでなく、就職してからもいろんな資格試験、社内試験を受ける機会があります。

 

そんなときには、この3色蛍光ペン+3色ボールペンを使うと、

  • 効率的に短時間で本を繰り返し読むことができます。
  • 視覚情報を加えることで、体系的に頭の中に入りやすくなります。
  • ペンを使うことによって、自動的に文章を体系的に学ぶことを「仕組み化」でき、習慣になるため頑張る必要がありません

 

 

教科書を読むときには、3色蛍光ペン+3色ボールペン

 

やしゅ
みなさんもいかがですか?

 

 

 

教科書や専門書を読むときの蛍光・ボールペン

 

読書には3色ボールペンが便利

 

読書のときには3色ボールペンを使っています(→ 読書のお供に3色ボールペン

  • 客観的にとても重要な箇所には
  • 客観的に重要な箇所には
  • 対照的に、主観的に面白い箇所には

で本に線を引いていくという方法です。

 

やしゅ
明治大学の齋藤孝先生が提唱している方法です。

 

3色ボールペンで困るところ

 

同じ方法を教科書や専門書で使うと、赤線だらけになってしまいます。

 

やしゅ
すべての本に1つの方法を使えれば一番いいのですが、うまく行かなければ他の方法を考える必要があります。

 

そこでわたしが以前から使っている、黒田康正さんの蛍光・ボールペン法をご紹介します。

 

黒川康正先生の蛍光・ボールペン法

 

蛍光ペン

  • 黄色 章・節のタイトルに。
  • 赤色 専門用語に。専門用語や大事な言葉は、正確に使えないと致命的になるため、目立つ色を使います。
  • 緑色 専門用語の定義(意味)。専門用語の意味を正確に知っておく必要があるため。

 

ボールペン

  • 赤色 重要部分の小見出し
  • 青色 重要語
  • 緑色 重要語に続く説明文章

 

専門書や教科書は繰り返し読むことが多い本です。

これらの色で定義して教科書や専門書に色をつけておくと、2回目以降には10倍近い速さで読むことができるようになります。

 

やしゅ
体系的(システマティック)に。

 

注意ポイント

「3色蛍光ペン+3色ボールペン法」は、黒川康正先生の本「独学術入門」を読んで、便宜上わたしが勝手に呼んでいるだけです。

 

黒川康正先生の経歴

 

3色蛍光ペン+3色ボールペンを使った本の読み方を提唱している黒川康正先生

 

東京大学経済学部に在学中に公認会計士二次試験合格(23歳)。

大学卒業後に「仕事をしながら」、

  • 1976年 通訳ガイド試験に合格
  • 1978年(27歳) 公認会計士三次試験に合格し会計士事務所を開業
  • 1981年(30歳) 司法試験に合格

と難関試験を次々に合格してきた方です。

 

弁護士、通訳、公認会計士の難関資格を合格した三冠王です。

いくつもの難関資格を突破するのには、才能とともに相応の勉強時間が必要ですが、その勉強のコツの1つが「3色蛍光ペン+3色ボールペン法」だと思っています。

 

わたしの使い方

 

わたしの経験

 

やしゅ
かれこれ20年近く、教科書や専門書には、蛍光・ボールペン法を使っています。

 

知らない言葉がたくさん出てくる専門書を読むときには、この方法を使って本を読みました。

目次をコピーして、本の背表紙に貼り付けて検索しやすくしたり。

繰り返し読む本に使うのがより適していると思います。

 

自分なりにアレンジしたほうがよい

 

注意しないといけないのは、教科書や専門書を読む時に、書かれている内容を何も考えずに信じてしまうことです。

 

  • 読んでいておかしいと思った所、疑問に思った所は、そこに自分の主観を織り交ぜて行くほうが、より理解が深まります。
  • そんな疑問点は、その後にいずれ同じ疑問を持つようになります。
  • どうせなら早めに調べておくのがおすすめです。

 

蛍光・ボールペン法がおすすめな方

onlyone

 

本に線を引く時に、自分なりのスタイルが固まっていない方には特におすすめです。

 

まずは人のマネをして型を習得し、その上で自分なりの方法にアレンジしていく。

そうして自分のものにすれば、それはもはや自分のオリジナルの方法になります。

 

黒川康正先生のその他の著書

 

 

さいごに

 

黒川康正先生が提唱している3色蛍光ペン+3色ボールペン法をご紹介しました。

 

教科書や専門書に使うと、わかりやすく時間の節約になる方法です。

繰り返し読む本に適しています。

 

  • 普通の読書には齋藤孝先生の3色ボールペン法
  • 教科書や専門書には、黒川康正先生の3色蛍光ペン+3色ボールペン法

 

どちらも3色のペンを使って本を体系的に読むという習慣を、努力せずに実践する方法です。

 

試して気に入ったところがあれば、自分の方法に取り入れるのがおすすめです。

 

 

おすすめ
読書のお供に3色ボールペン

続きを見る

おすすめ
心電図読影コツ
非循環器医師のための心電図読影を身につけるコツ

続きを見る

おすすめ
心電図参考書
循環器専門医がおすすめ!心電図の参考書TOP 5!(+4)

続きを見る

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-医学
-

© 2022 YashuLog