iPad

【iPad】魔のホワイトスポットが出た。どうする?

2022年2月13日

スポンサーリンク

 

この記事はこんな方にオススメ

  • iPadの画面の一部が白っぽくなった
  • 中古のiPadを購入する予定

 

iPadの液晶画面にドット抜けとは違う、ホワイトスポットと呼ばれる画面の一部が白っぽくなる現象が現れることがあります。

一時期に販売されたiPadに多い現象です。

 

ホワイトスポットとはどんなものでしょうか?

自分のiPadにホワイトスポットが現れたらどうしたらいいのでしょうか?

 

 この記事の内容

iPadにホワイトスポット現れたときの対応方法について

 

特に中古で一世代前のiPadを購入するときには、ホワイトスポットの有無を確認するのがお勧めです。

 

やしゅ
ホワイトスポットがない方がいいのは確かです。

 

逆に考えるとホワイトスポットがあるだけで自分の用途的に問題なければ、お得に(ホワイトスポットがあるために安くなった)中古iPadを購入できるチャンスです。

 

 

iPadの画面にホワイトスポットが出たらどうしたらいいの?

 

iPadのホワイトスポットはどんなものか?

 

ホワイトスポットは、iPadの画面の一部が白っぽくなる現象です。

よく液晶画面のドット抜け(ドット落ち)は、ごく小さい部分の画素表示の異常とは違い、もっと大きな面積です。

 

一時的な異常ではなく、様子を見ても直りません。

 

原因は何ですか?

 

現象としてわかっているのは構造が似ている特定の機種で多く報告されているということです。

  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Pro 10.5(2017年)

 

原因は断定されていませんが、機序としてはディスプレイがその背面から押されてホワイトスポットが出ているという説が有力。

背面にあるのは、

  • バッテリー
  • ディスプレイの部品の一部

などいくつかの原因が考えられていますが、原因は一つとは限らず複数あるのかもしれません。

 

ホワイトスポットをどうするか?

 

  • AppleCare+保障期間内ならAppleに相談
  • そうでなければ有償修理
  • そのまま使い続ける

 

特定の機種で多く報告されていますが欠陥と認定されていません。

  • そのため残念ながら無償修理の対象ではありません
  • AppleCare+に加入していれば無償交換の対象になるかもしれませんが、保証期間を過ぎれば有償です。

 

修理はディスプレイの交換です。

  • 相応の金額がかかり買い替えも選択肢に上がるため現実的ではありません。
  • バッテリーの交換をしてもらうとよくなるという説もありますが、それで完全に解決するかも不明。
  • ただし未確認ですがバッテリーの交換をAppleに頼むと本体が交換されるといううわさがありますので、そうなら解決しそう。

 

自分で吸盤を使ってホワイトスポットの部分の画面を引っ張るとよくなる場合もあるそうですが、保護フィルムを外す必要がある上自己責任でかつ再度出現するという説もあり、根本的な改善となるかは全く不明です。

 

ホワイトスポットがiPadの自分の用途や美的センスに合わずに納得できなければ、売却

 

やしゅ
でもホワイトスポットがあると査定でかなりの減額になります。

 

自分の用途では問題ない方が多いでしょうし、売却するとかなりの減額になることが予想されるため、大半の方にとってはそのまま使い続けるのが現実的です。

 

わたしはiPad Air(第3世代)に現れたホワイトスポットをどうしたか?

 

わたしの場合にはiPad Air(第3世代)を購入して2年と少し経ったところで、ホワイトスポットが出現しました。

 

ホームボタンの近くに、小指の先ほどの大きさ(2×0.5cm)白っぽく明るく光っているところです。

1円玉の大きさは2cmです。

 

これまで落下させたり、ぶつけたりしたことはありませんので衝撃でこうなったわけではありません。

 

  • 修理が高額
  • ホワイトスポットはあるものの、わたしの用途的には問題なし

ということで、このまま使い続けることにしました。

 

動作がもっさりしてきたら、新しいiPadが発表されると同時に買い替えることにします。

 

やしゅ
ホワイトスポット以外はまだまだ快適に使えていますから。

 

ちなみにこの現象はよく知られているようで売却するときに、中古iPadの市場では画面にホワイトスポットがあると査定額がかなり減額されるようです。

それくらい中古市場では有名な現象のようです。

 

ホワイトスポットが気になる方に

 

特に中古でiPad Air(第3世代)、2017年頃のiPad Pro 10.5を購入する場合には、チェックする項目として画面のホワイトスポットの有無は確認しておいた方がよさそうです。

逆にホワイトスポットくらい気にしない方は、使いつぶす覚悟で、「安くお得に」少し前の世代のiPadを購入できるチャンスです。

 

さいごに

 

ホワイトスポットを見かけたらどうしたらいいのかについてご紹介しました。

 

一定の時期に販売された特定の機種に多い現象のようです。

中古でiPadを購入しようと思っている方は、ホワイトスポットの有無で購入金額が変化します。

予算に応じてホワイトスポットの有無を選ぶのといいのかもしれません。

 

残念ながら今使っているiPadにホワイトスポットが現れた方は、保証が切れていれば自分に用途に応じて使い続けるか、安く売却するかになります。

 

やしゅ
わたしの場合にはまだまだ用途的には問題ないため、使い続けることにしました。

 

 

おすすめ
【iPad手帳術 vs 紙】スケジュール管理と何ができますか?

続きを見る

おすすめ
Apple Pencil 遅延問題
【iPad Air】Apple pencilの遅延は気にならない

続きを見る

おすすめ
iPadのホーム画面にファイルやフォルダを並べる方法

続きを見る

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-iPad

© 2022 YashuLog