文房具

手帳にたくさん書き込むために開発されたボールペン【ジェットストリームエッジ0.38】

スポンサーリンク

 

 

ボールペンは書き込む量やスペースに応じて太さを使い分けます。

特に手帳など小さいものに書き込むときには、細いボール径のペンを使うのがおすすめです。

 

学校の習字の時間にも

大筆で文字を書いて、自分の名前は小筆で書きました。

  • 自分の名前を大筆で書くのは難しいです。

 

 この記事の内容

手帳などに細かい字を書くとき、たくさん書き込みたいときに重宝する

  • ジェットストリームエッジ(JET STREAM EDGE)0.38

をご紹介します。

 

 

箇条書きやキーワードを手帳に書くときには、ボール径0.7 mmのボールペンがいいと思います。

 

でも限定されたスペースにたくさん書き込みたいときには、ボール径0.38 mmジェットストリームエッジが適しています。

 

細かい字を書くときには、ペン先がはっきり見える方が書きやすく安心できます。

ジェットストリームエッジは細い字を書けるだけでなく、ペン先が隠れないように設計されています。

 

やしゅ
細い字を書くときには、ジェットストリームエッジ0.38おすすめです。

 

 

 

ジェットストリームエッジ(JETSTREAM EDGE 0.38)

 

 

三菱鉛筆のボールペンです。

 

三菱鉛筆は、

  • 従来の「油性」インクを改良し、紙との摩擦が少なくてもかすれずに文字を書ける
  • 「ゲル」インクよりもインクの減りが遅い
  • 「水性」インクと違ってインクが耐水性

という「低粘度油性ボールペン」をヒットさせたジェットストリーム油性ボールペン)を開発した会社です。

 

つまりジェットストリームは

  • 耐水性がある油性ボールペンの利点を残しつつ
  • 滑らかで乾きやすい

というインクが特長です。

 

その三菱鉛筆から

  • ジェットストームインクを使いつつ細い字が滑らかに書ける
  • 本体軸は重心がペン先側にして安定感を増し、細い字を書きやすく設計した
  • 軸のペン先を細くして、細い字を書くときの視野を確保した
  • さらにボールペンの芯も新たに開発し、細い字を書きやすい形状にした

という特長を持った

 

ジェットストリームエッジが販売(2019年12月20日販売開始)されています。

 

手帳や小さめの日記帳に、たくさんの字を書き込めるように工夫をちりばめたボールペンです。

 

なぜ使い始めたか

 

小さいスペースに字を書くときに、損なわれがちな書き心地を維持しつつ細い線の字を書くためです。

 

やしゅ
限られたスペースにより多くの文字を書き込むことができます。

 

太いボール径のペン

  • すらすら書きやすいです。
  • でも細かい字を太い線のボールペンで書く場合には、かえって使いにくいです。

 

細いボール径のペン

  • 小さい字を書きやすい反面、細いペン先と紙との摩擦が大きくなりやすいため書き心地が悪くなりがちです。

 

その点ではジェットストリームエッジは、細いボール径でありつつジェットストリームの書き心地を最大限に残して書きやすさを保っています

 

実際のジェットストリームエッジの画像

店頭では薄いプラスチックのケースに入れて販売されています。
ペン先に行くにしたがって軸の太さが太くなっています。そのために指でホールドしやすくなっています。
大きく分けると、グリップから先端、クリップ側、ボールペンの芯に分かれます。

 

 

使ってみた感想

 

やしゅ
使ってすぐの感想は、衝撃でしたね。

 

0.38mmの太さのボールペンで細い

ということもありますが、

  • 筆圧不要で同じ太さの線が書ける。
  • インクの「ダマ」や書き始めの「かすれ」ができにくい

という素晴らしい書き心地です。

 

0.5 mm、0.7 mmと比べて細い字をとても書きやすく作られています。

 

やしゅ
このペンを使ってから、細字でもきちんとした文字を書けるということを初めて納得しました。

 

「細い径のボールペンを積極的に使っていきたい」とすぐに思いました。

 

インク

 

  • 筆圧不要(筆圧を書けるとかえって書きにくい)。
  • 細い字を滑らかに書ける。
  • まるでゲルインキのボールペンを使っている感じ。

 

ボールペンの本体(軸)

 

「細い」字を書くためにボールペンの芯と本体を工夫しているのが分かります。

 

本体軸は重心がペン先側にあります。

  • グリップ部分が金属、それ以外がプラスチックです。
  • 全体で14gと軽く、グリップ部分は金属と言っても軽い金属が使われています。
  • 重心がペン先にあるために、細い字を書くときに安定します。

 

軸はペン先に行くにしたがって太くなっています。

  • ペンをより軽い力でホールドしやすく工夫されています。

 

さらにボールペンの軸のペン先側が細く作られているため、ペン先の視野が広く保たれ細い字・小さい字を書きやすく工夫されています。

 

ボールペンの芯の先端

ボールペンの芯の先端の円錐部分が反っており、先端に行くにしたがって放物線状に細くなっています。

 

ポイントチップ」と呼ばれる新開発のペン先をもったが使われています。

 

ボールペンの芯は通常は円錐形ですが、

ジェットストリームエッジ用では、円錐の先端への流れが放物線を描くような流線形になっています。

ボールペンの先の視野が広く維持され、小さい字を書きやすく工夫されています。

 

メリット・デメリット・注意点

メリット

 

先にも述べた通り、なんといっても

  • インク
  • ボールペンの芯
  • ボールペンの本体(軸)

細い字・小さい字を書くための工夫ちりばめられています。

 

まさに「細い字・小さい字を書くためのペン」です。

 

 

 

デメリット

 

  • 単色のボールペンとしては、約1,000円と高級
  • ボールペンの替え芯も1本200円と高めの設定です。

ただし線の太さが細いために、インクは多少減りにくいとは思います。

 

替え芯はジェットストリームの4色ボールペンと同じ長さです。

 

ボールペンの芯

  • 新開発の「ポイントチップ」でなくてもいい
  • 安い方がいい

場合には、ジェットストリームの同じ長さの替え芯を使うことができます。

 

 

 

注意点

ジェットストリームエッジをペンケースにさしたところ。
三菱鉛筆 多機能ペン ピュアモルト 2&1をペンケースにさしたところ。ジェットストリームエッジと比べて、グリップ部分は深くさすことができます(ペンがペンケースから出ている長さをジェットストリームエッジと比べると、ジェットストリームエッジは浅くしかペンケースにさせていません)。

 

クリップがついています。

  • クリップの力は硬めで「浅め」です。
  • シャツのポケットに挟むことができますが、他のボールペンと違ってクリップの根元まで深くペンを差し込めません

 

ジェットストリームエッジをおすすめできる人

 

心地よく細い字を書きたい方にはおすすめです。

 

もし

  • 替え芯が高くて気になるときには、他のジェットストリームの替え芯を使う
  • 他のボールペンの本体(軸)を使いたいときには、ジェットストリームの他の本体にボールペンの芯を入れて使う

といいと思います。

 

さいごに

 

ジェットストリームエッジ 0.38をご紹介しました。

 

小さい字・細い字を書くために

  • ボールペンの芯
  • ボールペンの本体(軸)

工夫をちりばめられています

 

まさに小さい字を書くために開発されたボールペンです。

 

やしゅ
細い字をこんなに滑らかに書けるんだ」と文具にショックを受けたわたしでした。

 

細かい字を書きたい方にはオススメのボールペンです。

 

この記事がみなさんに少しでもお役に立てるとうれしいです。

 

 

おすすめ
【Dr. Gripを再評価】困ったときの科学的なペン【改めて良いペンです!】

続きを見る

おすすめ
【使いやすさ徹底比較!】Dr.GripとJETSTREAM【疲れにくさは?】

続きを見る

おすすめ
【Dr.Gripボールペン】Dr.Grip Full BlackとDr.Grip G-SPECの違い

続きを見る

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-文房具
-

© 2022 YashuLog