文房具

鉛筆のようにラフに使えるシャープペンシル【Dr.Grip 0.9mmシャープペンシル】

スポンサーリンク

 

この記事はこんな方にオススメ

  • 鉛筆の書き心地が好き
  • 疲れにくい
  • マークシートを簡単に塗りつぶせる
  • シャープペンシルを使いたい

 

シャープペンシル(0.5mm)は、書きやすいのですが、鉛筆とは書き心地は違います。

鉛筆がサラサラとしたやわらかい書き心地に対して、シャープペンシルはちょっとカリカリ。

 

昔ながらの鉛筆は使ってみると、サラサラとした書き心地で、書いていて気持ちいいです。

そんな書き心地をシャープペンシルに求めるとしたら、0.9 mmのシャープペンシルがおすすめです。

 

 

 この記事の内容

Dr.Gripシャープペンシル0.9mmの使い心地

をご紹介します。

 

長時間使っても疲れにくいというDr.Gripのグリップでありつつ、0.9mmのシャープペンの芯が使えます。

 

  • 鉛筆の使い心地だけど、鉛筆みたいに削る必要なし
  • スピード重視で、ラフにメモするのにピッタリ
  • マークシートをシャープペンシルで塗りつぶせる

というメリットがあります。

 

やしゅ
シャープペンシルに鉛筆の書き心地を求める方にはピッタリです。

 

 

Dr.Gripシャープペンシル0.9 mm

 

ラフに文字を書くときに書き心地が良い

 

Dr.Gripシャープペンシルで店頭販売されているのは、0.5mmが最も多く、次いで0.3mmです。

 

やしゅ
0.9mmはさらに販売しているところが少なかったです。

 

0.9mmを使ってみると、芯が太いため、書き心地が柔らかく鉛筆に近くなります。

 

やしゅ
その他にも、鉛筆の使い心地は結構好きです。

 

ちょっとラフに使う作業で使うときなどは快適。

  • スピード重視でちょっと雑にガンガン、ある程度大きな文字を書き込んだり
  • アイディアが浮かんだら、それを紙に自由に書き出すときに

使いやすいです。

 

そんな時に、0.9mmのシャープペンシルは鉛筆に似た使い心地ができます。

それに芯を削る必要もありません

 

やしゅ
太い方が味のある字になります。

 

パッケージにも、用途としてメモ、マークシート、ノートが紹介されています。

 

その他、時間制限があるマークシート形式の試験のときには、鉛筆もいいですが削らなくて済む0.9mmのシャープペンシルはおすすめです。

  • マークシートの試験を受けるときに、マークシートを塗りつぶしますが、昔は鉛筆を使っていました。
  • シャープペンシル(0.5mm)では塗りつぶすのに時間がかかるからです。

 

やしゅ
もちろん、細い字を書くのには全く使えません。

 

Dr.Gripならではのグリップは健在

 

 

長時間書いても疲れにくいというDr.Gripグリップに特長があります。

そのグリップの形や太さ、材質は0.9mmのシャープペンシルでも健在です。

 

もう一つ「フレフレ(2020)」機構といって、ペンを上下に振ると芯が出てくる機能があります。

  • ただし0.9mmでは振っても芯が出てこないことがあります

 

やしゅ
しっかりと強めに振る必要があり、わたしの力では安定しないためおや指でノックして芯を出しています。

 

注意点

 

注意点としては、0.9mmの芯があまり売られていないこと。

  • 0.5mmが最も多く、0.3mmも多くの文房具店に販売されていますが、0.9mmは少ないです。

 

 

その他の画像

 

 

軸の中央には「0.9」mmのシャープペンシルと大きく書いてあります。

 

クリップ部分はプラスチック製です。

 

わたしの使い方

 

仕事でシャープペンシルや鉛筆を使う必要があるときに使っています。

0.3mm、0.5mm、0.9mmを使っていますが、その日の体調や気分によって、使いやすい芯の太さが違います。

 

多いパターンは、

  • 大きめの紙にラフに文字を書き込むときには、0.9 mmの芯をよく使っています。
  • 手帳などの小さめの紙に、細かい字を書くとき、たくさん字を書き込むときには、0.3mmです。

 

反対にラフに字を書くのに0.3mmの芯では、芯が折れやすく、

小さい紙に0.9mmの芯で書き込むと字がつぶれてしまいます。

 

かといって、使い分けるのに必ずしも理論的ではないところがあり

同じ紙に文字を書くときであっても、気分や体調などの影響かあるのかもしれませんが、日によって使いやすい芯の太さが違うのに気づきます。

 

文字を書くときに、

  • マジック
  • ボールペン
  • シャープペン
  • クレヨン
  • 蛍光ペン

など、使い分けるのと同じように、シャープペンの芯も時と場所と場合(TPO)に加えて、その日の気分で使い分けています

 

やしゅ
どれでもよかったら使いやすいペンの方がいいですから。

 

さいごに

 

 

Dr.Gripシャープペンシル0.9mmをご紹介しました。

 

Dr.Gripの疲れにくいというグリップを持った、鉛筆の使い心地に近いシャープペンシルです。

 

  • 鉛筆の書き心地で書ける
  • マークシートを塗りつぶしやすい

という0.9mmの芯の特長もあります。

 

やしゅ
シャープペンシルの芯の太さも適材適所で使い分けると使いやすく、より気持ちよく書けますよ。

 

この記事がみなさんに少しでもお役に立てるとうれしいです。

 

おすすめ
科学的に開発されたDr.Gripシャープペンシル【疲れにくい】

続きを見る

おすすめ
【使いやすさ徹底比較!】Dr.GripとJETSTREAM【疲れにくさは?】

続きを見る

おすすめ
【Dr.Gripボールペン】Dr.Grip Full BlackとDr.Grip G-SPECの違い

続きを見る

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-文房具
-

© 2022 YashuLog