医学

日本の製薬会社が作ったプロテイン【ナチュラルミルク味・お得な価格】

2022年2月23日

スポンサーリンク

 

この記事はこんな方にオススメ

安心できるプロテインを、できるだけお得に飲みたい

 

やしゅ
普段食べるものは安心できるものがいいです。

 

筋肉をつけるために、筋トレと併用するのがプロテイン。

長期間にわたって飲み続けますが、たくさんの会社から販売されており、価格や質もさまざまです。

 

そんな中で、

  • 日本
  • 製薬会社が製造・販売

と安心感があるプロテインがあります。

 

おまけに、

  • お得な販売価格

です。

 

 この記事の内容

日本新薬が販売しているプロテインWINZONEナチュラルミルク味

をご紹介します。

 

  • 水に簡単に溶ける
  • ビタミンなどの栄養素を含む

という点も特徴です。

 

やしゅ
自己紹介です。
  • 筋肉をつけようとプロテインを飲んでいます。
  • プロテインを飲んで、自宅でできる筋トレを始めようと思っています。

 

 

日本の製薬会社が作ったプロテイン【日本新薬WINZONE】

 

安心感のある日本の製薬会社が作った

 

口からは安心できるものを取り入れたいものです。

筋トレなどの時に飲むプロテインは、海外含めてたくさんの会社から販売されています。

でも初心者にとっては、どれを飲んだらいいかわかりませんよね。

 

やしゅ
よくわからない会社のプロテインは大丈夫かどうか心配だし・・・。

 

そんな中で、

  • 日本製薬会社が作っている
  • 安めの価格設定
  • 各種ビタミン・ミネラル含有

という特徴を持っている、

日本新薬が販売しているプロテインWINZONE(ナチュラルミルク味)

を飲んでみました。

 

特徴は

  • ほんのりのミルク味で、ほんのり甘い。
  • 水150mlによく溶ける

と主張しすぎず、コーヒーなどに混ぜて飲むなど自分なりにアレンジしやすい味でした。

 

甘いのが好きな方には物足りなさがあるかもしれませんが、文字通り(ナチュラルミルク味)ナチュラルを意識した味だと思います。

 

SAVASと比較してみた

 

初心者として気になるのは、他のプロテインとの比較。

 

やしゅ
わたしみたいな初心者が最初に取り組みやすいプロテインが明治から販売されているSAVASです。

 

SAVASの標準的なプロテインのココア味と比べてみました

 

ぱっと見た感じでは、WINZONEの方が1袋の価格が安いためお得そうに見えます(WINZONE 2,460円、SAVAS 3,879円)が、1食分がSAVASの21gに対して、WINZONEは29gと多いため、どちらがお得か計算してみました。

1食当たりの価格は、SAVAS 78円、WINZONE 71円とすこしWINZONEがお得かほぼ同等の価格です。

 

どちらも同じくらいの1食分の価格であっても、

  • WINZONEの方がプロテインが多い(1.4倍です。WINZONE 21g、SAVAS 15g。)
  • ビタミン・ミネラル類はほとんどがWINZONEの方が多く含んでいる(ビタミンDを除く)
  • 亜鉛を含むミネラル類はWINZONEのみに含まれる

という違いがあります。

 

>> SAVASココア味についての記事(【プロテインで筋肉つけたい】SAVAS「 ココア味」を試してみた

 

SAVASとWINZONEの比較表

 

SAVAS(ココア味) WINZONE(ナチュラルミルク味)
価格 3,879円(1.05kg入り) 2,460円(1kg入り)
1食あたりの粉末量 21g 29g
1食あたりの価格 78円 71円
1袋あたり何食分か 50食 34.5食
栄養素(1食あたり)
プロテイン(g) 15 21
カロリー(kcal) 83 114
ビタミンA(μg) 270
ビタミンB1(mg) 0.5 0.5
ビタミンB2(mg) 0.57 0.6
ビタミンB6(mg) 0.42 0.4
ビタミンB12(μg) 2.4
ビタミンC(mg) 32 33
ビタミンD(μg) 9.1 1.8
ビタミンE(mg) 2.2
葉酸(μg) 120
パントテン(mg) 1.6
ナイアシン(mg) 3.6~9.9 4.5
カルシウム(mg) 277
鉄(mg) 1.4
亜鉛(mg) 3.5
マグネシウム(mg) 31

 

SAVASは有名な日本の会社である明治が作っているのプロテインです。

WINZONEは知名度は明治ほどではないかもしれませんが、厳密な品質管理が必要な製薬会社が作っているプロテインということを考えると、安心感があります。

 

やしゅ
WINZONEを作っている日本新薬は1919年創立と歴史は古く、実際に調べてみると有名な薬を沢山作っていました。

 

メリット・デメリット

 

メリット

 

なんといってもコスパの良さです。

日本の有名な会社が作っているSAVASと比較すると、同じく日本の製薬会社が作ったWINZONEはプロテインの量が1.4倍含まれています(同じくらいの価格で)。

他に

  • ビタミン・ミネラルが加えられている
  • 水に溶けやすい

という特徴があります。

 

 

SAVASの場合には200mlの水に溶かします。製品によって泡が沢山でたり、十分にシェイカーでふらないと粉が解け残ったりします。

WINZONEは150mlというより少ない水に、より多くの粉を溶かしても解けます。泡もほとんど立ちません。

 

デメリット

 

ナチュラルミルク味ということもあり、マイルドな味(甘味とミルク味ともに)です。

  • 味が物足りないと思う方がいるかもしれません。
  • でもそんな場合には、コーヒーに溶かして飲むなどして工夫すればいいだけです。

 

実際に飲んでみた感想

白色のスプーンがついてきます。このスプーン2杯が1回飲む量です。

 

なによりも同じくらいの1回分の価格なら、1.4倍のプロテインを含むWINZONEの方が、納得できるお得感があります。

 

飲んでみて、SAVASよりも甘味が少ないものの、プロテインということを考えると甘さは添加物の味と考えた方がいいのかもしれません。

  • そうすると、甘味が少なくてもそれが一つの利点・メリットにもなります。また必要に応じてアレンジして、自分で味付けして飲んだらいいだけです。
  • わたしの場合には、アレンジしなくても、ほんのりミルク+甘い味で継続して飲み続けることができました

 

プロテインが海外含めて各社から販売されていることを考えると、

  • 日本製
  • 安心できる製薬会社が作っているプロテイン

のWINZONEは、わたしみたいな初心者にはピッタリで、お得感があるプロテインです。

 

他にもイチゴ味やチョコレート味も販売されているため、これから試す予定です。

 

さいごに

 

日本新薬が販売しているプロテインWINZONE(ナチュラルミルク味)をご紹介しました。

 

  • 日本の製薬会社が作っているという品質・信頼性
  • 多くプロテインが入っているというコスパの良さ

を考えると、わたしみたいな初心者が飲むのにも安心できるプロテインです。

 

筋肉は短期的にはつかないもの。

 

やしゅ
長期に飲むなら、日本の会社が作ったプロテインを安心して、お得に利用したいですね。

 

この記事がみなさんに少しでもお役に立てるとうれしいです。

 

おすすめ
【プロテインで体力アップ】SAVAS「ヨーグルト風味」を飲んでみた

続きを見る

おすすめ
運動せずプロテインだけ飲んで筋肉がつくのか?【3か月続けてみた】

続きを見る

おすすめ
プロテインのサプリを飲み始めます【筋肉をつけたい】

続きを見る

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-医学
-

© 2022 YashuLog