文房具

サラサクリップをもっと快適にするメタルグリップ【SMART-GRIP】

スポンサーリンク

 

この記事はこんな方にオススメ

  • サラサクリップ(ボールペン)のグリップ部分のゴムが劣化してべとつくのがイヤ
  • ペン先に重心がある(低重心)方が好き

 

 

サラサクリップは110円(税込)と安く、インクの発色とともに書き心地がいいのが特長です。

安い反面、長い間使っていると、グリップ部分のゴムが劣化して、べとつくのが気になります。

 

やしゅ
わたしと同じように思っている方も多いはず。

 

サラサクリップのグリップ部分を、ローレット加工(滑り止め加工)されているアルミ製のグリップ(商品名:SMART-GRIP(スマートグリップ))に交換すると解決できます。

 

  • アルミ製のためにゴムのような劣化の心配なし
  • グリップ部分がアルミになり、やや重くなるため(約4g)ペンが低重心となり安定した文字を書きやすくなる

というメリットもあり一石二鳥です。

 

 この記事の内容
  • サラサクリップをさらに使いやすくするメタルグリップSMART-GRIP(スマートグリップ)

をご紹介します。

 

価格は1,050円とサラサクリップの価格を考えると少々高いですが、質感や書き心地が良くなり、価格以上の満足感が得られます。

一度購入すれば長期間使い続けられます。

 

 

 

サラサクリップをさらに快適にするメタルグリップ:SMART-GRIP(スマートグリップ)の特徴

 

SMART-GRIPの特徴のまとめ

  • 既存のボールペンのグリップ部分に付け替えて使用する
  • アルミ
  • ローレット加工(別途、溝タイプもあり)
    • ローレット加工は、金属に細かい凹凸状の加工を施すことで、滑り止めの効果があります。

 

実際にサラサクリップにSMART-GRIPをつけたところ

 

装着のサラサクリップ

 

装着のサラサクリップ

 

わたしは

ローレット加工ネイビー色のサラサクリップ用SMART-GRIPを購入しました。

  • 自分が持っているサラサクリップの色に似た色を選びましたが、完全には一致していませんが、多少の色の違いは誤差範囲内として実用性を重視しました。

 

サラサクリップなどのボールペンの本体のグリップ部分を回転させて取り外します。

取り外したグリップの代わりに、SMART-GRIPを装着することで簡単に使えます。

 

サラサクリップ用のSMART-GRIPの軸径は10.9mm(実測値)でサラサクリップ(11.0mm)とほぼ同じです。

 

重さ

  • サラサクリップは10.9g
  • SMART-GRIPをつけたサラサクリップは14g

でした。

 

SMART-GRIPをつけるメリット

 

サラサクリップは、中の芯を取り換えることで長年使えます。

ところが芯を数回取り換えたころには、グリップ部分のゴムが劣化し、粘着気味になります(ベタつく)。

 

グリップ部分をSMART-GRIPに取り換えるメリットは、

  • アルミ製のためにゴムのような劣化やべたつきを心配する必要がありません
  • アルミ製のために、耐久性があり長年使えます。

 

 

もう1つの重要なメリットがあります。

グリップをアルミ製のSMART-GRIPに変えることで、ペンの重心がペン先側に移動することです。

そのため文字を書く時の安定性が増して、ペン先が紙に吸い付くような感覚になります。

 

 

SMART-GRIPの特徴

 

種類と色

 

ボールペンのグリップ部分をアルミ製のグリップに取り換えるための製品です。

 

対応するボールペンの種類(ボールペンごとに、それぞれのSMART-GRIPが販売されています)

  • サラサクリップ
  • ジェットストリーム4&1、ジェットストリーム2&1、ジェットストリーム3
  • フリクションボール2、フリクションボール3、フリクションボール4
  • フリクションボール3スリム、フリクションノックポイントノック04
  • ノック式エナージェル

(一部売り切れあり)

 

  • シルバー
  • ブラック
  • レッド
  • ネイビー

 

価格

  • 1,000~2,000円(種類により異なる)

 



 

 

【使用方法】既存のボールペンのグリップ部分をSMART-GRIPと入れ替える

 

ボールペンのグリップ部分を取り外し、代わりにSMART-GRIPをボールペンに装着するだけで利用できます。

 

 

SMART-GRIPのメリット・デメリット・注意点

 

注意点

 

SMART-GRIPは種類によりますが、1,000~2,000円です。

  • サラサクリップの価格(税込110円)を考えると、グリップが劣化すれば本体ごと買い替えるのとどちらがいいか迷うくらいの価格です。

 

でもSMART-GRIPを装着すればグリップの劣化が気になることはありませんし、軽い力でペンを保持しやすくなり、ペン先が安定し書きやすくなります。

 

もちろんペンの使い心地は重心の位置で変わりますし、ペンの持ち方によっても影響されます。

SMART-GRIPを装着すると重心の位置が変わるため、使い心地がいいかについては意見が分かれるかもしれません。

でも今回の記事のSMART-GRIPが気になる方は一度試してみる価値は十分にあると思っています。

 

わたしの使い方【SMART-GRIP】

 

ちなみにわたしは、SMART-GRIPをつけることで、

  • ペン先の安定性が増して(ペン先が浮かずに)、ペンが紙に吸い付くような書き心地
  • ローレット加工のグリップになり、ペンを軽い力で持ちやすくなった

ために、とても満足しています。

 

ややペンが重くなって指に負荷がかかりますが、ペン先の安定性とのトレードオフです。

総合的には、ペン先側が重くなることでかえって文字を書きやすくなったと思っています。

 

その他、アルミ製のローレット加工のために、ペンケースで他のペンと一緒に入れておくと、他のペンを傷つける可能性があります。

 

やしゅ
気になる方は、あらかじめペンを個別に収納できるペンケースを利用するのがオススメです。

 

SMART-GRIPをおすすめできる人

 

  • サラサクリップ(ボールペン)のグリップ部分のゴムが劣化してべとつくのがイヤ
  • ペン先に重心がある(低重心)方が好き
  • サラサクリップをもっと使いやすくしたい

という方にはオススメです。

 

やしゅ
グリップ自体がより滑りにくくなります。

 

SMART-GRIPのローレット加工は、個人的には指に刺激になるほどではありませんでした。

ただ他のペンと一緒にSMART-GRIPを装着したサラサクリップをペンケースに入れておくと、他のペンを傷つけることになるのは、気にしています。

 

さいごに

 

  • サラサクリップをさらに使いやすくするメタルグリップSMART-GRIP(スマートグリップ)

をご紹介しました。

 

グリップ部分を滑り止め加工されたアルミ製に交換すると、

  • 滑り止め効果はもちろん
  • 耐久性
  • 低重心化して書きやすくなる

というメリットがあります。

 

サラサクリップ用以外にも、フリクションペン、ジェットストリーム4&1用などが販売されています。

気になる方は自分のお気に入りのペン用のSMART-GRIPを購入して、一度試してみる価値があります。

 

やしゅ
わたしは気に入って、普段使いでSMART-GRIPをつけたサラサクリップを使っています。

 

 

 

おすすめ
S20シャープペンシル レビュー【木軸で実用的】

続きを見る

おすすめ
パイロットS20ボールペン レビュー【木製・細軸・実用的】

続きを見る

おすすめ
【使いやすさ徹底比較!】Dr.GripとJETSTREAM【疲れにくさは?】

続きを見る

 

 

▼人気ブログランキング▼

人気ブログランキングに登録しています!

大変申し訳ありませんが

今日も、応援「ポチ」 お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師

読者登録もしていただけると嬉しいです!

YashuLog - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


医師ランキング

スポンサーリンク

-文房具
-

© 2022 YashuLog